利用者側のメリットも広がるクレジットカード

交換先が増えてきたカード会社によるポイント

クレジットカードは元々、利用者にとって利便性が高いものでした。たとえば、商品購入から実際の支払いまで猶予を作ることができます。カード会社による代金の引き落としは、カードを使ってから一ヶ月ぐらい後になるからです。そのため、手持ちの現金がまったくないという状況でも買い物を楽しむことができます。また、販売店が対応していれば分割払いも使えますし、もし販売店が一括払いのみとしている場合でもリボ払いにすることができます。
そうしたメリットがある中で、最近はさらにいくつかのメリットが増えました。たとえば、カードを利用するとポイントが加算されるというものです。ポイント制度は以前からありましたが、前はポイントによって交換できる商品が固定されていました。

カード決済でネットショッピングの利便性はより高くなる

しかし、現在はクレジットカードの年会費に充てたり、あるいは別のポイントと交換して、そのポイントで自由に商品を購入したりと、幅広い使い方ができるようになっています。
また、忘れてはならないのは、インターネットショッピングが普及してきたことで増してきた利便性です。銀行振り込みで代金を支払う場合、確認に時間がかかって発送まで一日、二日かかることがありますが、カード決済の場合は基本的に即日発送になることが多いです。最近は購入した当日に商品を受け取れるネットショッピングサイトもありますが、即日受け取りが可能なのはクレジットカード決済した場合のみと限定されています。
今後もネットショッピングでは配送スピードを重視したサービスの拡大が期待されますが、そのサービスを受けるためにはカードが必須になるでしょう。

関連まとめ