代行決済という道を考える

オンラインショップの客を増やすために決済方法を増やす

オンラインショップを運営しているけど売り上げがなかなか伸びないという場合、いろいろな要因が考えられます。たとえば、扱っている商品の需要が元々ない、他店と比べると値段が高い、あるいは宣伝や検索エンジン対策が足りず、ショップへアクセスする人自体が少ないなどです。
これらの理由の中には運営者の努力ではどうにもならないこと、あるいは解決できるまで時間がかかることもありますが、その気になればすぐに解決できることもあります。それは、決済手段を増やすというものです。
ショップの利用者がオンラインショップを比べる場合、自分に都合がいい支払い方法が用意されているかというのがあります。少しでも出費を抑えたい人にとっては銀行振り込みしか決済方法がない店で買うのは手数料がもったいないですし、未成年からすると払いづらいということになり、結果として店の利用者が減ってしまうわけです。

決済代行会社と契約すれば比較的簡単に決済手段を増やせる

では、決済方法を増やすためにはどうすればいいのでしょうか。個人でショップを運営している人が特別な手続きをしなくても用意できるのは、基本的に銀行振り込みと代引きの二種類ですが、やはり、オンラインショップの利便性を上げるためにはクレジットカード払いとコンビニ払いを加えたいところです。
個人がカード会社や信販会社の審査を受けて、これらの決済方法を使えるようにするのは大変ですが、決済代行会社と契約することで比較的簡単に取り入れることが可能になります。
もちろん、決済代行会社を間に入れることになれば、一定の手数料を支払わなければならなくなりますが、決済方法を増やせば客が増える可能性が出てくることを考えれば、商品一個あたりの利益が減ったとしても契約するのはありといえるでしょう。

関連まとめ