代行決済では電子マネーなどクレジッカード以外の決算も利用できる

コンビニ払いを利用可能にすることで未成年客の増加が期待できる

決済代行業者を利用すると個人が運営しているネットショップでもクレジットカード決済を導入することができますが、利用可能になる決済方法はそれだけではありません。たとえば、コンビニ払いもできるようになります。コンビニ払いとは、客がネットショップで商品を選んだあと、コンビニに置かれている機械から支払いに必要な紙を受け取り、レジで代金の支払いを行うというシステムになっています。
コンビニ払いの大きなメリットは、クレジットカードや銀行口座を所有していない人でもお金を払えることです。たとえば、未成年の場合はカードを持つことはもちろんできませんし、銀行口座も親に管理されている可能性があるので、コンビニ払いをできるようにしておくと、未成年者からの売り上げ増加が期待できます。

利用者が増えている電子マネー決済にも対応できる

また、電子マネー決済も可能です。電子マネーとは、利用者がクレジットカードや銀行振り込み、あるいはコンビニ払いなどで現金をチャージし、ネットショップなどで利用できるものです。
電子マネーのメリットは、チャージした分だけしか使えないということです。たとえば、クレジットカードの場合、カード番号を第三者に知られて悪用されてしまうと、利用限度額まで勝手に使われてしまうということがあり得ます。しかし、電子マネーであれば、利用者が直近で使いたい額だけチャージして、それをすぐに利用すれば残高はゼロになるので悪用される心配がありません。
こうした利点を評価して使っている人が増えてきているので、決済代行会社を通じて電子マネー決済にも対応しておけば利用客を増やすことにつながる可能性があるのです。

実際に店舗に出向いて支払いをしたり、銀行などの金融機関に行って支払いをするよりもコンビニの決済代行を利用することで、手軽に支払いを済ませることが可能になります。

関連まとめ