アプリを入れるだけで出来るサービスも出現

利便性向上にはクレジットカード決済が欠かせない

日本は先進国の中でもっともクレジットカード決済の割合が少ないと言われています。現金に対する信頼が高い上に、たとえ無金利でもお金の貸し借りに敏感な人が多いことが主な要因です。ただし、年会費無料のクレジットカードや決済後すぐに口座からお金が引き落とされるデビットカードの登場により、状況は変わりつつあります。ネットショッピングの普及もカード決済の増加に貢献していると言えるでしょう。
飲食店や小売店を経営する際にも、カード決済は不可欠なものとなっています。仮にカードで支払うお客様が全体の一割だとしても、現金のみを受け付けていてはビジネスチャンスを逃すおそれがあります。決済用の機器は高額ですが、現在はネット決済代行サービスやスマートフォンのアプリを使うことで安価に導入できます。

アプリを使うことでカード決済が可能に

ネットショップを運営するならば、さまざまな決済方法を一括して導入することが可能です。オンラインでのクレジットカード決済は当然のこと、お客様が請求書をコンビニに持っていくことで支払いを行えるCVSネット決済も同時に提供されます。メッセージアプリや電子マネーによる決済も、いまや常識となっています。
一方でネットショップではなく実店舗を運営する場合でも、カード決済の導入は比較的容易になっています。大手銀行系列の決済会社と提携する従来の方法もありますが、現在はアプリで決済が可能になりました。業務用のスマートフォンかタブレットに小型の専用端末を取り付けてアプリを起動すると、クレジットカードの磁気テープまたはICチップを読み取ることで決済を行えるのです。お客様にとっては選択肢が増えることになりますし、経営者も費用をかけずに済むメリットがあります。

インターネットでショッピングをすることが当たり前の時代になりました。欲しい物をすぐに見つけることができ、買うことが出来ます。クレジットカードで決済をすればより簡単にショッピングを楽しむことが出来ます。

関連まとめ